常識に照らし、常識を疑い、常識を超える

初めての投稿です。

なんていうと、なんだか「初めてのお使い」みたいで緊張しますね。

以前、「不思議ラブ」というブログをやっておりまして、わずか12回で更新が止まってしまったんですが、
そのサブタイトルが、「常識に照らし、常識を疑い、常識を超える」でした。

このブログも、その「常識に照らし、常識を疑い、常識を超える」をモットーにしましょう。

まず初めての投稿は、そのブログから、このモットーについての話題に触れた投稿がありますので、
それをちょっと引用して始めることにします。

 

【驚きの心】

この世は、常識がなくてはやっていけません。
また逆に、何事も常識ばかりでは進化はありません。
この世は、そんな2つの法則に支配されているのです。

天体の運行など、未来の軌道が読めるニュートン力学と、
一瞬先も読めない量子力学が混在しているのがこの世です。

サトリは、日常を超えた天から降ってきた知恵だという一方、
日常のなかで淡々と暮らしていることにこそ、サトリはあるともいわれます。

いったい、どっち!?

面白いのは、人間は日常も非日常も楽しめるものだということ。
ルーチンワークの慣れも、スリル満点の冒険も楽しめます。
安穏もスリルも。
酸いも甘いも。
愛妻がありながら不倫(アバンチュール)だって。

ただまあ、完全に情報(刺激)が入ってこなければ、脳は生きてはいけない。
ある程度のスリルは、脳への報酬です。
いくら負けがこんでも、バクチがやめられないのは、そのリスクがドーパミンなんかの
快感物質を出すからでしょう。

センス・オブ・ワンダー(驚き・不思議な感動)がなければ、やっていけないのが人間です。
驚きのあるところに、「なぜ?」(Why?)が生まれます。

失恋もそのひとつ。
彼女に去られたとき、「どうしてなんだ!?…」と頭を抱えてさまよう街角の孤独のなかで、
哲学は生まれます。
求めても得られない人との別れに、人はこの世の不条理に気付きます。

「ワンダー(どうして?)」といえば、60年代の名曲、【悲しき街角】ですね。

それでは、ここでちょっとコーヒーブレイク。

 

デル・シャノン『悲しき街角』

 

043

 

「常識に照らし、常識を疑い、常識を超える」

「♫ I wonder~」

では、デル・シャノンの懐かしの裏声で、甘酸っぱい気持ちを刺激されたあとで、
この話をもう少し噛み砕いてみます。

あらゆるものごとを、物質的な世界観・合理主義でまずは検証する。

つまり、古典力学のモノサシで、迷信や洗脳による妄想やインチキではないかと疑ってみる。
うまい話には裏があるものです。

こんどは逆に、量子力学的なモノサシで、実在だと思っている世界を、
たんに実在だと思っているだけではないかと疑ってみる。

奇跡もイノベーションも、常識(既成観念)のなかにはないわけです。
新たな発明は、常識をブレイクスルーしたところにやってきます。

私は、宇宙人の乗り物としてのUFOもあると思っていますし、オカルチックな怪奇現象もあると思っています。
人間は死んでも終わりじゃないし、魂としての存在があるとも思っています。

目に見える世界がすべてではないと思っているわけです。
物質の法則を超えた不思議な世界がなければ、なんてこの世は味気ないものか。

しかし、世の中には眉唾も多いですし、インチキ宗教もはびこっています。
オカルト現象や、奇跡現象もみなマジックでできるというのもまた事実です。

医者に見放された末期がんが治ったのも、頼りにした治療師や宗教家の奇跡の力ではなく、案外、
抗がん剤を止めて免疫力がアップしたせいなのかもしれません。
そのような理性的な目も持たなければ、だまされて、へたをすると身ぐるみはがされてしまうのが
世知辛いこの世です。

変わった現象に素直に驚くセンシティブな感性と、簡単にだまされない注意深い理性の目。
感性と理性、そういう2つの目を持つことが、とても大事です。

まずは、自戒をこめて。