「お笑いセンサー」の効用と限界

限界

笑い続きで、もう一本。
笑いは、物事の正邪をはかる庶民の常識的センサーだということをずっと
話してきたわけですが、残念ながらそのセンサーはオールマイティーでは
ありません。

たとえば、政治において。
床屋談義といって、昔は床屋で政治談義をしたものですが、複雑で大量の
情報が錯綜するこの時代、世間話でラチが明くはずもありません。
各国の裏情報が絡み合い、騙し合い、出し抜き合戦が演じられている
国際ポーカーゲームにおいては、相手方の手の内の裏の裏の裏まで読み取ら
ねばならず、閣僚などは本来、極秘情報のかたまりであるはずです。
持ち手のカードを、うかうか外部にさらすわけにはいかないのです。

その腹まで探りを入れて論じるジャーナリストさえ読み間違えるというのに、
庶民などにはとても手の及ぶところではありません。
世間に降りてくる情報は、それぞれのマスコミの思惑に歪められた二次情報、
三次情報で、しかもそもそもデータが確かかどうかわからないのですから、
判断のしようがないのです。
判断しうるのは、せいぜい彼らのふだんの言行や風貌から、口先だけだとか、
腹黒さだとか、私腹を肥やしていないか――、などの漠然とした人物評価でしか
ありません。

精神世界系には通じる「お笑いセンサー」

それでも精神世界系には、案外、この笑いのセンサーは通じます。
カリスマ教祖や霊能者、スピリチュアリストなる存在には、最初から
かしこまる必要はなく、少しばかり笑いのネジを緩めて眺めたほうが
いいのです。それを別の言葉で、眉に唾をつけるといいます。

たとえば、教祖というのは、たいてい衣裳がきらびやかです。
それだけでもう、私なんか自然に滑稽感がわいてきてしょうがないのですが。

また、謙虚な人は少なく、まず尊大で過剰な自意識を持っています。
ほとんどが自分は人間以上の、神の化身だというようなことをいいます。
そこまでいわなくても、かつての偉人の生まれ変わりだとか、
なんとか菩薩や明王、なんとか大明神がバックについていると豪語します。

とくに笑えるのは、お釈迦様の生まれ変わりだという場合です。
輪廻転生を脱却した、すなわち解脱したのがブッダのはず。
かつて、ある教祖などは、冠を頭に載せて、「我こそはエル・カンターレ
なり!」と大宣言していましたが、もしそのパフォーマンス(映像)を目に
して失笑したのだとしたら、「お笑いセンサー」が正常に機能している証拠です。

オーラが強い人が貴いのではない

いや、うちの教祖はオーラが強いから本物だ、という信者さんもいるでしょう。
たしかに、何か威圧感を放っている人はいます。
威厳といってもいいでしょう。

けれども、ある人(Aさん)がこんな話をしていました。
その人もかなりの霊能力のある人のようですが、Aさんには大変信奉している
師がいました。その師の講演会で、ステージにAさんはじめ、取り巻きが何人か
並んでいたそうですが、それを客席で見ていた聴衆の一人から、その大先生より、
Aさんのほうがずっとオーラが強かった、といわれたというのです。

しかし、Aさんはこういいます。
いやいや、自分なんかたいしたことはない。オーラというのは、物質的な
部分から投射されているものであって、本当に霊性の高い人は、物質的な存在
から超越しているわけで、そのパワーはオーラには反映されない、と。

なるほど、面白い見解です。
そういえば、「オーラがある」という表現は、芸能人に対してよく使われます。
たしかに、芸能人には特別の華があります。
容姿のせいか、自信のせいか、メディアでよく見るスターという、こちら側の
心理が祭りあげているせいなのかはわかりませんが、なんとなくある種の威圧感が
感じられます。
そんな華や威圧感を一般にオーラというのでしょう。

でも、その本質的な霊性のレベルまでは、肉体にどっぷりと浸かっている
私たちには見抜けません。早い話、切った張ったのヤクザの大親分にも独特の
凄み(オーラ)があるということです。だからこそ、その迫力に幻惑され、
尊大であればあるほど、人は偉ぶり高ぶる教祖にだまされるのです。
山高きがゆえに貴(たっと)からず、人オーラ強きがゆえに貴からず、です。

専門分野ならお手上げ

見るからに疑わしいという人物はいます。
それは庶民の嗅覚でもわかります。そういうのはまず見た目でわかります。
たとえば近頃の例では、維新の党を除名された上西小百合議員、号泣会見で
話題となった野々村竜太郎県議。音楽分野ですが、佐村河内守氏もウソ臭さ
芬々(ふんぷん)でした。
では、もはやあの人はいま? の小保方晴子氏はどうでしょう。あの颯爽と
デビュー(!?)したとき、私たちの「お笑いセンサー」は働いたのか、働か
なかったのか。
あのSTAP細胞が本物かどうかについては、専門家でもないかぎり、まったく
判断のしようがなかったのですが、あのパフォーマンスをなにか胡散臭いと
思った人はけっこういたようです。

研究者のあいだでは、あのリケジョのパフォーマンスはともかく、小保方論文
自体に対しては、発表当初からネットに疑問があげられていました。
まあ、門外漢の私としては、専門家のやっかみもあるのかな、ぐらいにしか
思っていなかったのですが。
それでも、やはりどこか引っ掛かったのは、彼女のアンバランスな風貌だった
かと思います。もし、最近よくメディアに登場している東大卒の美人脳科学者、
中野信子氏ほどのかっちりとした端正さがあったとしたら、全面的に信じたん
だろうとは思いますが(蛇足ですが、彼女のサラサラヘアは、何か偽物くさい
なあ…と思っていたら、やっぱりあれはカツラで、その下の自毛は金髪に
しているんだとか! ロックが好きみたいです)。

それでも「お笑いセンサー」は見抜いた

本物か偽物か、その話題が持ちきりだったとき、ネットでこんなアスキーアートの
風刺画があがっていました。
アスキーアートというのは、いうまでもなく文字・記号で描いた絵です。
「顔文字」は、一行のアスキーアートというわけです。
複数行の複雑なアスキーアートをネットで見るたびに、いつも「こいつら、うめぇなぁ」
と感心していたのですが、そのなかでも、このアスキーアートは、スパイスがよく利いて
いて、舌を巻いたものです。何より彼女によく似ています。

13944463210025

フランスでイスラム過激派のテロにあった政治週刊紙『シャルリー・エブド』
の風刺画より、ずっと上出来です。『シャルリー・エブド』の風刺画は下品で
面白味に欠けるのに、ともかくこちらは笑えます。
風刺としては、はるかにこちらのほうが上等です。

世間で、STAP細胞への疑惑が濃くなる以前、多少の胡散臭さはあったとはいえ、
もしそれが本物ならノーベル賞級ですし、本物であってほしいという気持ちのほうが
大きかったのですが、結局、この作者の笑いの直感のほうが当たったのでした。

どっとはらい。