先祖供養の効能はホントにあるのか?

供養は成功法である

世の成功者に、一番手っ取り早い成功法は何か? と尋ねて、多く返ってくる
答えに先祖供養があります。
先祖供養?
成功法に関心のある人でも、霊的存在を否定している人はまず拒絶反応を起こす
でしょう。

それはわかります。とはいえ、成功者や大手企業のトップが成功の秘訣は何かと
尋ねられると、ほとんどの人が自分は運がよかったと答え、またそのなかの多く
が先祖供養を欠かさないと語ります。
たしかに、たとえば代々続いている老舗などでは、まず先祖供養は、伝統の祭り
のように、どこでもごく当然のごとく継承されていることでしょう。
また、強運のたまもののような芸能人なども伝統的に神仏を畏敬し、験(げん)を
担いだりする体質ですから、目に見えない先祖のお御霊(みたま)に感謝し、供養を
心がけているという人の割合は多いでしょう。

ただし、これだけでは、成功と先祖供養の因果関係が明らかになったわけでは
ありません。先祖供養をやっていなくても、成功している人はたくさんいますから。
つまり、先祖供養が成功を生んでいるというよりは、成功している人は、もともと
先祖供養を重んじる背景を持つ確率が高いということになります。
逆に、貧困層は、先祖供養などやっている余裕がないという確率が高いはず。
東大生は、親が高収入の確率が高いというのは統計的な事実ですが、
かといって、けっして貧困家庭から東大生が出ないわけではありません。
統計の取り方をきちんとしないと、科学的なグラフは描けませんね。

供養効果の事実はある

しかしながら、何事もうまくゆかず、八方塞がりなときに、墓参りをしてから
急に風向きが変わって、窮地が救われたという話がけっこうあるのです。
これはすべて偶然なのでしょうか。

先祖供養をすることで救われる、なんらかの見返りがある、という考えは、
一般的にご先祖様へ祈念することで、その方々からサポートをしてもらえる
という考えです。
この世の図式でいえば、政治家に陳情するというようなものでしょうか。
あの世の霊的ネットワークに働きかけて、この世に介入してもらうというわけです。

無縁仏を供養して大成功した

実をいうと、見返りのある供養というのは、あの世の先祖(血筋)や縁者だけが
対象になるのではありません。霊的存在なら何でもいいのです。

私の友人に、ある食品業界の三代目で、難しい開発を成功させた男がいます。
その業界で初めて、まず無理だといわれていた製法を独自に開発し、一般消費者
にまで大きなブームを引き起こしたのです。
日経の一面を飾り、TVだけで30回は出たそうです。私も朝の経済ニュースを
眺めていて、突然彼が出てきて、飲んでいたコーヒーを噴いたことがあります。
彼がその開発に難儀していた頃、たまたまある霊能者と縁があって、工場の敷地の
外れに無縁仏の遺骨が沢山埋まっているから、それを供養してあげてください、
そうすれば大きな功徳になりますよ、といわれ、その言葉どおり実行したら、
その後まもなく開発が成功し、大成果を収めたというのです。

開発の機が熟していた時期と、たまたま重なっただけなのかもしれませんが、
彼自身霊感のある人間なので、あの開発が成功して製品が売れまくったのも
そのおかげ、すなわち霊的功徳によるものだといまだに信じています。
「情けは人のためならず」をもじれば――、
「供養は霊のためならず、おのれの福運のためにあり」ということになりますね。

目に見えないものへの供養こそ見返りは大きい

供養というのは、死者の冥福を祈って法会を営むことをいいます。
ふつう、死者が対象です(追善供養)。
この世界の生きている人、とくに有力者に貢物をすれば、何かと利便をはかって
もらえる機会は増えるでしょう。現実世界での供物(貢物)は、賄賂が端的な例で
あるように、現実的な効果があります。

それでは、死者を供養して、この現実世界の自分にどうしてよい影響を生む
ことになるのか? です。
まあ、霊的世界を迷信だという人には、とても理解できない話でしょうが。

命(イノチ)は、目に見える存在だけではないんですね。
どんな形態でも、他のイノチを利すれば、自分の利となって返ってくるという
のが、この世とあの世の宇宙の法則なんです。「情けは人のためならず、回り
まわって自分の徳(得)となる」です。
それにまた、その対象が小さく貧しいものほど、陰徳であればあるほど、逆に
見返りは大きいのです。貧しいものにこそ神は宿る、と思って損はありません。

もし無縁仏を供養して、そのおみたまが救われたとするなら、その恩に報いる
ために応援してくれるということもあるでしょうし、そんなふうに救われた霊からの
直接の応援が得られないとしても、「情けは人のためならず」の法則どおり、
福徳を得られるからです。もちろん、福徳は福運になります。
先祖には、浮かばれないおみたま(イノチ)がたくさんいます。
この世で捧げる灯明は、あの世の道を照らす光にもなるのです。
利己の近道は利他なんです。
利己と利他は、メビウスの輪のようにつながっています。

霊的加護を抜きにして供養の効能を考える

いや、そんな話は信じられないというなら、霊的な存在を抜きにして考えてみます。
つまり、もし供養する霊的対象からの見返りも、他人(霊的存在を含めて)を救えば、
自分が救われるという宇宙の法則もないのだとしたら、それどころか霊すらないのだ
というなら、ほかに何がどう作用しているのか? ということを考えます。
たとえば墓参りには、霊的な話を抜きにして、それが幸運をもたらすどんな働きが
あるのか、です。

精神集中は実に難しい

前に、成功法の極意は祈りだ、という話をしました。
レンズが太陽光を集めて紙を燃やすように、意識を集中し、祈りの念が極度に
収斂されたとき、その祈りは実現化されるというのが成功法の極意です。
――と簡単にいっても、その精神集中が難しかったのでした。

だいたい、人の意識というものは、同じことをずっと考えることはできない仕組み
になっています。ちょっと試してみればわかります。
たとえば、花のことを考えろといわれて、心に任意の花を思い浮かべても、
3分もすれば別のことを考えていることに気づくでしょう。チータのダッシュ
みたいなもので、持続力に欠けるのです。

先祖供養は祈りの集中化をはかるカタチ(舞台)である

その精神集中を助けるのが、身口意のカタだという話をしました。
心身をカタにはめれば、精神も集中しやすくなります。
雑然とした日常生活の家のなかで祈るより、ステンドグラスの荘厳な殿堂や
清浄な境内の神殿で祈るほうが、舞台効果で自己催眠をかけやすくなるものです。
瞑想をするとき、ホトケを念じよ、といわれても抽象的なホトケを心に描くのは
困難です。だから仏像や仏画があるのです。具体的な像を目に焼き付ければ祈念
しやすくなります。

墓参りというのは、一種のイベントであって、その前日から意識がそちらへ
向かっています。
何時に電車に乗って、どこそこでお供えを買って、時間をかけて歩いて、墓石を
浄め、花や線香を立て、そこでやっと墓前に佇んで、おもむろに手を合わせます。
手を合わせる前の一連の行動から祈りは始まっているのです。
遠い先祖なら顔も浮かばないでしょうが、身近だったお祖父ちゃん、お祖母ちゃん
なら顔を思い浮かべます。祈念はより具体的になり、そのぶん集中されます。

花や香や水(閼伽)を捧げるのが大事なのではなく、それらのモノは、精神を
集中させるための小道具なのです。向き合う墓石も、供物を買うための労働も。
面倒な労働も精神を集中させるための小道具だと考えればいいのです。
何もない空へ向かって祈るより、地平線から上ってくる太陽へ向かうほうが
祈りやすいものです。

極度に集中された念は物質化される

切羽詰まった祈りほど、念は集中されます。
たとえば、車にはねられても、かすり傷ひとつおわないで助かったという例が多々
あります。
「危ない!」
と人が思ったとき、意識は凝縮されます。その凝縮された念が、瞬間的に自分の体を
コントロールしたか、あるいは瞬時に潜在意識の奥まで潜って、この世の3D世界を
操作したかです。

念を極限まで集中させたとき、たんにお願いするだけではなく、イエスの成功法の
極意の祈りをするのです。
「祈って求めるものは何でも、すでに受けたと信じなさい。そうすれば、そのとおり
になります――」
あの実践です。

神仏や先祖に向かって祈るカタチにはなっていますが、その力を頼りにする
のではなく、頼るのは自分の祈りの力なのであって、これはあくまで自力、
もはや他力ではありません。
その自力のパワーをより高めるための舞台装置が、供養のカタチなのです。
そう思えば、供養なんて、と思う人や、他力を嫌う人にとっても有効になります。
どうせ、この世で社会生活を営んでいくかぎり、そのような儀式は欠かせない
のですから。うまく利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です