「アカシック・プラーナΩ」体験談2

前回に引き続き、「アカシック・プラーナΩ」の体験談を記載させていただきます。

❐私にもできました!
S・Sさん(51歳 女性)

私、ずっと気功に憧れていたんです。気功師になりたいっていうほどじゃないんですけれど、
ちょっと手を当ててヒーリングができたらいいなあって。それは、だれでも思うことなんだと
思いますよ。
カルチャーセンターで気功を習ったり、独学であれこれやったりもしたんですが、内気功も
なかなかできなかったんです。だから、人様をヒーリングできる外気功なんて、まったくムリ
でした。やっぱりハンパな気持ちじゃダメなんでしょうね。

ところが、「気も機械化の時代に入った」なんていう西海先生のすごいキャッチフレーズに
惹かれて、「アカシック・プラーナΩ」を手にしたら、まるでエンジンがかかったみたく、体の
内から熱いものが沸いてきて、プラーナを手にした反対の右手の指先からエネルギー(気)
が出たんです。
あ、来た来た…、って感じで。
その感じのまま、腰痛持ちの主人の腰をさすってやったら、いつもと違って、ウソのように
楽になったっていうんですよ。

「気功に未熟な私がどうしてそんなことができるんでしょう?」
と不思議がる私に、西海先生はこういって笑いました。
「それはまさに潜在意識が覚えているからですよ」
「ああ、なるほど~!」
といって手を打ちはしましたが、残念ながら潜在意識で覚えていたという、そのような記憶は
ございません(妙な言い方ですね)。
前世か何かでやっていたということでしょうか?
「なんでもそうなんです。知っていることをただ思い出しているだけなんです。ホントはみんな
天才なんですよ。あるいはこうもいえます。潜在意識でアカシックレコードにつながって、
情報を引き出したと」
「でも、私は数学や芸術の天才なんてなれませんよ。いくら潜在意識で覚えているからと
いっても、数学はムリ。限界はありますよね」
「そりゃ、みんながみんなアカシックレコードからどんな情報でも引き出して活用できるなら、
ノーベル賞だらけになってしまいます。でも、それが個性の面白さなんです。人それぞれ、
各自の個性によって、いまその人自身に有益な情報が選択されるんです」

私は、それもそうだと思いました。
できることが個性だと思っていたら、できないのも個性だったんですね。
世の中、「好きこそものの上手なれ」でいいんです。
で、その上手になることを助ける機械があるんですね。
「アカシック・プラーナΩ」は、そんないまの私にピッタリの、気功の補助器具だったのでした。

❐お師匠さんから褒められました!
H・Mさん(44歳 女性)

趣味で津軽三味線を習っています。でも、これがなかなか上達しないんです。
お稽古の時間もあまりとれないので、なにかうまくなれる方法はないかなあ、と思っていたときに、
「アカシック・プラーナΩ」を身につけてみたんです。
別に三味線の上達のためにそれを身につけたわけではなく、たんにお守りのつもりでいただいた
ものなんですね。
でも試しに稽古をするときに、高橋竹山の写真と「アカシック・プラーナΩ」とを併せて身に付けて
みたら、なんとなく自然に手が動くようになってきたんです。また、それが楽しくて。
お師匠さんからも、
「この頃、音が違いますね。竹山が乗り移ったみたい」
と、冗談まじりのお褒めの言葉をいただきました。
「お稽古、がんばってる?」
と問われて、まさか「アカシックレコードから手ほどきを受けていますから」とはいえません(笑)。
でも、ちょっと小声で、「アカシックレコードが効いたかな…」と思わせぶりにつぶやいてみたら、
案の定、「あ、レコード聴いてるんですね?」と勘違いしてくれて、こっそり笑いました。

西海先生にお話ししたら、先生はこう仰ってくださいました。
「やっぱりイメージが大事なんですよ。冗談でもなく、アカシックレコードから、天の名人の手ほどきを
受けていると思い込むことです。そうすると、チャンネルが入りやすいんです。三味線だけではなく、
いろんなことに応用してください」

受験生の子供にも持たせてやりたいです。

❐料理のアイデアも冴える
U・Fさん(48歳 男性)

アカシックレコードについては以前から私も興味がありました。
もしアカシックレコードと通じることができれば、宝の山を見つけたのと同じなのですから、ぜひ
コンタクトしたいものだと、これまで散々瞑想を重ねてきましたが、コンタクトのコの字もありません
でした。そう簡単に扉は開きません。

私は料理人なのですが、「アカシック・プラーナΩ」と料理の神様の高塚神社の写真を一緒に身に
つけたところ、驚くほど感覚が冴えてきたんです。
おかげ様で、店で出す創作メニューが大好評です。

アカシックレコードへのコンタクトは、潜在意識の深いところから宇宙の中心へトリップするという
イメージでしたが、この波動装置「アカシック・プラーナΩ」を使えば、トリップというほどもなく、扉は
意外にすぐ近くにあったんですね。
私の場合、神社の写真は、「アカシック・プラーナΩ」の空洞部分には折らないと入らないので、
パウチした写真を一緒に身につけました。それでもいいとのことです。

以上、体験談でした。


 

 アンパンマンやウルトラマンでもOK

「アカシック・プラーナΩ」は、その空洞の部分に自分の写真とか、自分の名前を書いた紙片を
収めるのが基本ですが、力を借りたい神仏やご先祖、自分の目標とする先人でもいいわけです。
ということで、西海先生によると、たとえばU・Fさんのような料理人なら、高塚神社だけではなく
魯山人の写真でもいいし、個人的に尊敬している料理人の写真でも、名店の写真でもいいとの
ことです。

しかも、料理なら料理というジャンルで現実に実績のあった人やものに越したことはないですが、
要は現実にない架空のものでも、自分の気持ちが潜在意識レベルで高鳴り、同化できる対象なら
なんでもいい、ということです。
お伽話のアンパンマンでもウルトラマンでもいいのだということです。
子供だけではなく、いまだに心の奥にヒーローとして残っている存在なら、大人でもスーパーマンの
写真を忍ばせてもいいわけです。
〈了〉

「アカシック・プラーナΩ」体験談

「アカシック・プラーナΩ」の愛用者の皆さんから、
様々な体験談が寄せられています。

例えばこのように。

❐高確率で祈願成就

❐引き寄せ効果

❐アイデア(ひらめき)頻発

❐宇宙から守護されている実感

❐進むべき道を誘導されるetc.

では、その一部を紹介させていただきます。
その前に、改めて「アカシック・プラーナΩ」のコンセプトをお話しします。

 私たちはみな世界樹の葉っぱ

夜空の星を眺めると、その星空の広大さに、なんて自分はちっぽけなんだと、
めまいを覚えてしまいます。
けれども、私たちは、けっして宇宙から見捨てられているわけではありません。
私たち個々人はみな、宇宙とつながっているんです。

大樹の葉っぱは、いくら幹から遠く枝分かれした端っこの一枚であっても、
幹や根と一体の生命体です。
根も幹も枝も葉も、みな一粒の種から生まれたのです。

宇宙も、無限小の一粒の種から成長した、どでかい大樹、巨大な風船です。
万物はみな、その風船のなかに存在しています。
だから、そもそも自分自身が宇宙の一員であり、宇宙そのものなのです。

 潜在意識は宇宙のデータバンクにつながっている

宇宙誕生以来のすべての情報は、宇宙の中にあり、それは個々人と通じて
います。宇宙が大海なら、個々人はその水分子です。
宇宙はマザーコンピューターであり、個々人はネットでつながったパソコンです。

といっても、私たちは宇宙のすべてを知っているわけではありません。
記憶から引っ張り出せるのはごくわずかです。
人間のふだんの意識は、パソコンでいうならメモリーだとすると、宇宙に通じて
いるのはハードディスクになるでしょうか。

私たちの潜在意識は、そのハードディスクかクラウドみたいなものなのです。
潜在意識は、宇宙のデータバンクと通じているのです。

 洞窟がヒントになった

新製品の「アカシック・プラーナΩ」は、「洞窟」がヒントになって開発されました。
いったい洞窟がどんなヒントになったのでしょう?

木から降り、サバンナへと歩みだした人類の祖先にとって、洞窟は大きなシェルター
となりました。
洞窟はまた、シェルターであるばかりか、それによって人類は進化を促されたの
ではないか、というのが開発者である西海先生の仮説です。
洞窟で焚く火や、声の反響が脳やチャクラを刺激したというのです。

 『タイムトンネル』のトンネル効果

昔、『タイムトンネル』というアメリカのTVドラマがありました。
タイムマシンで過去や未来へと時空を超えてトリップし、事件に巻き込まれ、
現代へ戻れないまま、命からがらまた別の時代へ移動していくという一話完結
の連続ドラマです。

そこに登場するタイムマシンは、ウェルズの『タイムマシン』に出てくる乗り物状の
ものではなく、巨大サイクロトロンのように大掛かりな装置で、同心円が続いている
ように見える人工トンネルの奥に歩んでいけば、そのトンネルの先に、過去や未来
が通じているという設定です。

私たちは、時間というものは、過去から未来へ流れるだけの不可逆の直線だと思って
います。
過去にはけっして戻れないと。
ところが、これは必ずしもそうではないようなのです。
時空は、動く歩道のように一直線に流れるだけではなく、時には、そのベルトがねじ
れて過去や未来につながっています。

 時にはメビウスの輪のようにミダラな時空となる

メビウスの輪はご存じですね。
リボン(テープ)の片端の面を180度ひねって、両端をノリでくっつけます。
そうやって、リボンをひとひねりしてくっつけた輪っかは、上(外側)の面をたどって
いくと、いつのまにか内側になってしまいます。
ひねらずに、たんに両端をくっつけた輪なら、外側は外側、内側は内側で、両面が
交わることはありません。

だいたい、そういうふうに単調にできているのがこの世の日常です。
だれも突然消えたりしません。
ところが、ときには時空は、メビウスの輪のように、表が裏へ通じていたり、未来が
過去へ通じていたりするのです。そういうエアポケットのような穴が開いていて、ドラえもん
のどこでもドアのようなドアが開いているのが宇宙なのです。

人体がまるごとどこかへワープするより、やはり情報のほうが飛びやすいです。
潜在意識が感知する虫の知らせのような第六感というものは、そういった未来の先取り
なのでしょう。
発明やイノベーションの閃きも、宇宙のデータバンクから何らかのかたちで情報を得て
いるのだと思います。

 内蔵されている特殊メビウスコイル

メビウスの輪には不思議な力が秘められています。
この「アカシック・プラーナΩ」にも、特殊なメビウスコイルが内蔵されています。
洞窟を模し、メビウスコイルが装填されたた空間は、小さいながら、時空を超えた情報源へ
通じる抜け穴なのかもしれません。

「貝殻を耳にあてると潮騒が聞こえるといいますが、『アカシック・プラーナΩ』を耳にあてると、
宇宙の情報が聞こえるんですね…」
なんていうモニターの方の詩的な感想には、とてもうれしく思ったものです。

では、体験談を掲載させていただきます。


 

嬉しい結果が出ています!
❐丹波道彦先生(波動測定・気功ヒーラー)

先日、「アカシック・プラーナΩ」に最終波動測定と、西海先生がご依頼のポイントチェックの
4回目が終わりました。
全体のエネルギーパワーは当然のこと、共振効果、祈願成就の確率をチェックしたのですが、
非常に高い結果が出ています。
私もこのプラーナを作っていただいて、プラーナのトンネル部分に私の写真と、丹波家のご先
祖様である平安時代の医師、丹波康頼(たんばのやすより)のイラストを併せて入れています。
その効果には目をみはるものがあり、嬉しいかぎりです。

※注
丹波先生には、弊社の波動製品のパワーチェックをしていただいています。
丹波康頼は、平安時代の医家であり、医心方(いしんぽう)という日本現存最古の
医学書(国宝)を編纂しています。医心方全30巻は、984年、朝廷に献上され、
ちょうど千年後の1984年に国宝に指定されました。
丹波康頼は、故丹波哲郎のご先祖でもあります。
つまり、丹波道彦先生と名優丹波哲郎は、遠縁にあたるわけです。

「アカシック・プラーナΩ」との共振効果でしょうか!?
H・Sさん(44歳 女性)

私の写真を収めて製作していただいた「アカシック・プラーナΩ」がやっと手に入りました。
手作りのうえに、自分の写真まで入れていただけるんですから、それだけでもう感激で、
ご利益ありそうな気持ちになっています。
でも、気持ちだけじゃなかったんです。先だって、偶然に知人のビルのお店が格安料金で
空いて、私の長年の夢だったアクセサリーショップを構えることができたんですよ。
アクセサリーの材料は、すべて新オルゴンボックスの「アカシックΩ」でパワーアップされています。

最近、主人が私のことを、芯のあるイイ女に見えるといってくれています。ウフフ…。
「燃えろ、イイ女~♪」ですね(古ッ)。
これも「アカシック・プラーナΩ」との共振効果でしょうか。

オリジナル製品が出来ました!
N・Oさん(55歳 女性)

工芸の小さい下請け工場を父親から受け継いだものの、取引先が海外へ出て行ったため
仕事が激減して、金曜相談会で西海先生にご相談しました。
生き残るためには、下請けだけではなく、やはりオリジナル製品の開発が大事というアドバイスを
いただきましたが、発想のアイデアが浮かぶようにと、「アカシック・プラーナΩ」を私だけの特別
仕様として、その中に私の写真を入れて作ってもらいました。

不思議なことに、その頃からカンが鋭くなって、まさに電気がパッとつく感じで、ひらめきが次々に
出てくるんです。
その結果、特殊な素材で工芸品を作り上げ、フランスのある会社にアタックしたところ、取り扱って
もらえるようになりました。奇跡ですね。それでやっと会社が維持できるようになり、社員共々喜んで
います。

西海先生は、もしかして宇宙人かも。アカシック星人ですね。
感謝しています。
アイデアがどんどん湧き出てくるので、それにまかせて次の作品にトライしています。

「アカシック・プラーナΩ」で天風先生の声が身近に!
Y︙Mさん(66歳 男性)

もうずいぶんと古い話になりますが、ある講演会で、七田眞先生、船井幸雄先生、そして西海先生の
お三方による波動現象についての話を、間近で耳にする幸運な機会がありました。
豪華メンバーですね。
西海先生の、今後も進化し続けるだろうという波動機器の話は現実離れしていましたが、時が経って
みると、驚くことにそれらは実際にどんどん製品化されています。

私は人間塾の開設を目指しておりまして、尊敬する中村天風先生の写真を、「アカシック・プラーナΩ」
と一緒にいつも携行しています。
それを身につけ始めてから、これまでなかなか理解できなかった天風先生の言葉の真意が、日毎に
胸に沁みるようにわかってきたような気がしています。
「アカシック・プラーナΩ」の天に通じる洞から、宇宙の天の風が私にも聞こえるようになったのでしょう。
大いに感謝申し上げる次第です。

進むべき道を照らされる!
S・Oさん(54歳 男性)

先日、西海先生とお話させていただいたとき、先生は「ある種の洞窟内ではマントラの音声が、
脳やチャクラを刺激するんですよ」と仰っていましたが、私が通う教会も、聖堂は聖歌やパイプ
オルガンが荘厳に響いて、胸を震わせます。
聖堂というのは、そういう音響効果を狙ったものなんでしょうね。
つまり、神秘性のうまい演出なんだと思います。
無宗教で信仰心がなくても、あの響きには理屈なしにガツンとやられます。
胸に響くというのは、魂に響くといってもいいです。
先生は、その魂のことを潜在意識であり、宇宙意識だと語っていましたが。

「井の中の蛙大海を知らず」といいますが、「アカシック・プラーナΩ」の洞は、それとは逆に、
スーパーカミオカンデの地底の洞のように、穴の中から宇宙を知る、という感じでしょうか。
ガリレオが覗いた望遠鏡のように、小さくても、宇宙の法則を見通した筒でもあるんですね。

手作りで丁寧に作っていただいた私だけの「アカシック・プラーナΩ」を身につけていると、
夜道で行くべき道を照らされているような安心感を覚えます。
間違った道を行こうとすると、軌道修正もしてくれます。
このプラーナ(製品)は、アカシックの名のとおり、宇宙の知恵と加護をもたらしてくれる大きな
パワーを秘めていると思います。
〈了〉